スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日鉱共石 GT-R その13

発売はされているのは知っていたのですが、なかなか手に入らず買わずにいた
「I love R32 Skyline GT-R」ですが、

090314_03

手に入りました。

090314_04

色々本を探しましたが、これが一番内装が分かりやすそうです。

R32GT-R Gr.A のよい資料となりそうです。
スポンサーサイト

日鉱共石 GT-R その12

日鉱共石GT-R36
磨ぎ出し終わりました。
今回は、タミヤの「粗目」、「細目」、ソフト99液コンで磨きました。

よーく見ると磨きキズがありますが、最後はコーティング剤で誤魔化します。

これでボディは一旦終了。内装へいきます。
結局資料が見つからないので、「デッチアップ」を行ないます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その11

日鉱共石GT-R34
タッチアップしました。
良く見るとバレバレです。関係ない所に筆がぶつかり、被害が拡大してます。
悔しくて、更にクリアー攻撃し、コテコテになりました。

日鉱共石GT-R35
乾燥後、再度磨き直します。
今度は、カド出ししません様に^^;

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その10

ボディを洗い、その次は1500番のサンドペーパーでデカールの周りを、磨きます。
EXクリアーの磨いた感じが好きです。

と、調子に乗っていたら(サッカー見てた?)
日鉱共石GT-R33
やってしまいました。

気を付けいたつもりでしたが、見事に下地も削りました。
ペーパーが当たりやすい・クリアが薄くなりやすい所なのに・・・。

タッチアップするしかないです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その9

内装の良い資料が見つかりません・・・。
色々当時物の雑誌等を探しているのですが、ハッキリしたものはありません。

レース自体のレポートはたくさんあるのですが、車体をクローズアップした物は無いようです。
あっても、運転席周りのみで後部側は全くありませんしてた。


手を止めてしまうと、このまま・・なんて事がありえるので、ボディにクリア吹きしました。
いつもの通りガイアノーツのEXクリアを3回に分けて多めに。
日鉱共石GT-R30


乾燥後、磨ぎ出します。
日鉱共石GT-R31
結構、ホコリが埋まっていますし、ゆず肌です。
いきなり、ペーパーをあてるのはちょっと怖いので、スポンジペーパーで磨きます。

日鉱共石GT-R32
磨いた後は、洗剤(ハンドソープ)できれいに洗います。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その8

1.8mmくらいですが、2.0mm、1.6mmの物しかありません・・・。
引き出しの中から、タミヤの「ソフトプラ棒」が出てきたのでこれを使います。
日鉱共石GT-R27
後部へ伸びる部分を切り飛ばして、

シャーシ側に穴を明けて、プラ棒を差し込み適当な長さに調整。
ソフトプラ棒だと、多少は曲げたりして角度調整が出来るのでとても便利です。
日鉱共石GT-R28


日鉱共石GT-R29
全体と合わせて調整します。思っていたより簡単に出来ました^^。




テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その7

さて、内装に進みます。まずロールゲージを組みます。
(取説のだと後から組む事になっていますが)
シャーシ側の受けに合わせてバランスを取ながら組み付けます。
日鉱共石GT-R24

合いも良いので簡単ですが、
日鉱共石GT-R26

リアシート側の部分が、最後に下に曲がっています。受け側にも少し台座の様にバーの部分が残っており接着すると、目立ちます。

日鉱共石GT-R25

非常にカッコ悪いので、台座部を削り取付けダボを埋めます。(この後埋めた)

資料ではストレートにつながっている様なのでバーをプラ棒で延長し、
シート側を貫通させて固定しようと思います。

どうやら、キットの物は2mm径より少し細いようですが、良いサイズのプラ棒が在庫に無いので買いに行きます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その6

デカールを貼り終えました。
日鉱共石GT-R22

日鉱共石GT-R23
(車体はカルソから借りてます)

特にエア噛みや、破れ等もなく上手く貼れました。(枚数も少ない買ったし。)
この後良く乾燥させ、クリア吹きをします。

その間にシャーシ周りを行こうと思います。
でも、内装関係の資料無いですね・・・。まだ、いい物が見つかっておりません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その5

ボディにホワイトを塗り、軽くスポンジペーパーで均してから、
ボディ色を塗りました。

フィニッシャーズの「ブリリアントグリーン」ですが、
日鉱共石GT-R19

微妙に色味が違います。

写真により結構ばらつきがあります。オートアートは明るめですよね。
イメージでクレオスの塗料を適当に注入してバランス取りしました。
日鉱共石GT-R20



乾燥後、楽しい楽しい「デカール貼り」です。
ST27のデカールなので、コシがあり貼りやすいです。軟化材等にも強いです。
やっぱりデカールを貼っていくと、カッコよくなってきています。
日鉱共石GT-R21


資料を見ながら、位置調整します。
デカールの添付図は結構いい加減ですので、実車資料は必需品です。
ただ、デカールロゴのサイズも違う事があるので、完璧にするのは出来ないので
ある程度は割りきりって行きます。(キットの取説図も微妙に違う事がありますね)

残りのデカールを続けます・・・。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

日鉱共石 GT-R その4

ボディ塗装に入りたかったのですが、牽引フックの取付け穴が開いてませんでした。
日鉱共石GT-R16

アクステオン製の牽引フックセットが出てきたので、これを使います。
エッチングのフックは薄い物が多いのですが、これは厚めになっており良い感じです。

日鉱共石GT-R17


取付け穴を、ケガいて空けましたがガタガタ、隙間調整が上手く行きませんでした。
一番上の写真のように、「ブリジストン」ロゴの場所なので穴が大きいと、目立ちます。

そこで穴をもっと大きくして、プラ板を2枚重ねにして片方を接着し、
フック用の穴側のプラ板を抜き取りました。(分かりにくいですね)

この後整形すれば何とかなりそうです。後ろのフックも同様に行ないます。


また、こんなものが出てきました。
日鉱共石GT-R18
スタジオ27のエッチングセットです。

いつかこれを使って、カルソニックR32を作りたいのですが、いつになるやら。
現在は手に入らない様なので、大事に片付けます。
アクステオンはフジミ用とうたって出ているようなのですが、詳細が分かりません。
まだまだR32があるので、1つくらいは買ってみようと思うのですが。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ツリーカテゴリー
最近の記事
ツリーコメント
ツリーリンク
訪問者数
プロフィール

-のりくん-

Author:-のりくん-
プラモと日常思いついた事をだらだらと

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。